No.第6回! /Date.2017.09.28No.第6回! /Date.2017.09.28

横山由依 アンバサダー日記横山由依 アンバサダー日記

2017.09.28 「夢」に向かって挑戦しよう!2017.09.28 「夢」に向かって挑戦しよう!

今年のNコン・中学生の部は
課題曲をAKBが歌う
課題曲のテーマは「夢」!

夏から予選が行われ、10月に全国大会となる今年のNHK全国学校音楽コンクール(Nコン)ですが、中学生の部で歌われる課題曲を秋元先生が作詞されているんです!
そしてAKB48のグループとして、私たちも合唱で参加させていただきました!

今回秋元先生が書かれた歌詞の内容は、「人のために願えることができたら、それは幸せなことだよね」というもの。

もし願い事が一つ叶うとして、自分のために使うには色々と迷っちゃうけど、争っている仲間に対して元の良い関係の頃に戻ってよという願いごとなら、もし思わずしてしまったとしても何も悔いは残らない。 そんな自分のためではなく人のために願って、でもそれで良かったよねという歌詞なんです。

横山由依さん

私たちは皆さんより一足先にこの歌詞を歌うことになったのですが、普段のコンサートだと合唱というのは機会が無くて歌唱の先生から「合唱に慣れていないからこそ、歌詞がストレートに伝わってくるね」との褒め言葉を貰ったことも(笑)。でもそんな所にそれぞれの学校らしい合唱というものがあらわれると思うので、ぜひありのままを大切に歌って欲しいですね。

また、学校単位というだけではなく参加する皆さん個人でも、それぞれNコンに対して取り組む気持ちがあると思います。熱い気持ちを持って全国大会まで進みたいと思っていて、でも実際に勝ち残ることができるのはごくわずか。そこはコンクールであり競争の場なので嬉しい思いをする人の一方、悔しい思いで去っていく人も居るのが現実です。

でも、そうした場に参加していることに私はすごく意味があると思うんですよね。何かを一生懸命頑張ったという経験は、今後の人生に絶対繋がっていくはず。

私も中学校の頃、合唱を一生懸命やらない子に対してぶつかることがあったんです。でもそんな面と向かってぶつかり合うことって、大人になるとなかなか機会が無くなってしまって。中学生の今しか味わえないことだからこそ、皆さんには全力で頑張って欲しいなと思います。

今回の大会テーマでもある「夢」に向かって挑戦する、そんな皆さんのことを私は応援しています!

横山由依さん
横山由依さん

街の風景からも思い出す
上京したての気持ち

私の上京した日は12月1日だったんですがキリも良くて、誰に言うわけでもないけどこの日はちょっとした記念日かな? 上京したての頃は1人で東京で暮らす不安もめちゃくちゃあったんですけど、それよりもワクワクのほうが勝っていたというか。これからどんなことが起こるんだろうっていう気持ちがすごく強くて。

1年間は絶対実家に帰らないぞって決めて上京したので、最初の頃は休みもいっぱいあったんですけど「帰ってきていいよ」と言われても、負けた感じがするから絶対帰らないぞって意地を張って(笑)。

今でも街中を高速バスが走っているのを見ると上京したての頃を思い出します。今あのバスに乗っている人たちはどういう気持ちなんだろうとか、どういう夢を追いかけてるんだろうなっていうのがすごく気になったり。

あとは首都高を走っていて窓から東京タワーが見えると「自分って東京に来てるんだな」っていう気持ちになりますね。ここを目指してたあの時と気持ちは一緒なのかなって思い出したり、失敗したりとか投げやりになってないかな、とか。

こういうことって、地方から東京へ出て来た人にとっては結構あるあるなのかな?
あなたにとっても似たような体験があれば、ぜひドリーム号のTwitterアカウント(@jrbus_dreamgo)から私にも教えてくださいね!

横山由依さん
横山由依さん
コラムTOPへ戻る
--